w120cmペンギンシステムあります

こんにちは、pansいぬかいです。 ここ数ヶ月ずっとファブリックについての投稿ばかりだったので、本日はペンギンシステムの横幅120cmのご紹介を。

恐らく・・・、w120cmのペンギンがあることは知らないお客様が殆どだと思います。昨年こっそりと?!こちらのWebsite上や価格表には反映しているのですが(笑。

単体で使うことが多いロールスクリーンタイプにはw120cmもw150cmも、さらにw200cmもあります。さすがにw200cmのロールスクリーンは重くて取り回しも大変です。

一方、軽量でジョイントや変身ができるカーボンファイバーor グラスファイバー製のペンギンシステムには幅w60/80/90/100cmの4種類しかありませんでした。

w240cmのバックウォールを作りたい場合、w80x3連結としていたところを、w120x2連結で良くなるわけです。w80cmとw120cmのスタンダードペンギン(H=224cm)を並べてみます。

01_st_w120_classic

左側がw120cm.  これ一台で迫力とインパクトがアップしますね。

このw120cmのペンギンシステムには留意して頂くポイントが3つあります。

1: 高さは2/19日現在、3種類のみです。(H=224, 205, 187cm)

2: 脚が通常のペンギンとは違って長い脚を使います。またTコネクターロッドも長くなっています。

3: 収納する円柱ケースもw120cm専用に長くなります。(以下比較写真)

w120_3cases

お使いになっているお客様には”釈迦に説法”、ですがご覧のように横から見たときに垂直になるのがペンギンシステムなので、ジョイントした時きれいなバックパネル・ウォールが作れるわけです。

02_st_w120_classic

単体利用は勿論、連結するコネクションペンギンでもご検討ください。

最後に。先ほど2/19日現在は高さが3種類のみと書いたのですが、H=245cmのEXPOサイズをテストした結果問題なかったため、近々にEXPOサイズも可能になります。下記写真のホワイトパネルの方がEXPOサイズ<H=245cm>です。

02_EXPO_w120xh245

コメントは受け付けていません。