追い風装飾=ファブリックライトボックス

こんにちは、pansいぬかいです。
ウィーン本社のBestSystemsが3300sqmほどの土地に数年かけてやっと新社屋を完成させました。ウィーンでは小規模の展示会はすでに始まっていて、早速新製品も含めて展示をした模様です。

日本でもそうですが、このコロナの影響からますます装飾については追い風になってきたようです。半年前まで木工造作でたくさん職人さんが入っていた現場は基本NGになりました。でも装飾無しで出展を!というわけにもいきません。そこで、弊社が得意とするポータブルになるライトボックス関連製品の登場です。大きな布を入れることも考えると、3人居ればバンにABSケースを放り込んですぐに光る魅力的なブースは作れます。(一部を除いて)大手装飾会社が2トンや4トンのトラックにたくさん資材を乗せて、搬入〜設営〜撤去を行っていた風景は今後懐かしいものになっていくでしょう。

下記の写真はウィーンが展示会出展前に社内で仮組みしたものです。下の写真に見えているボリュームの装飾であれば、3人 x 3時間以内で全て終了しますよ。ラチェットなどの工具も必要ないので素人でも出来てしまうんです。

 

コメントは受け付けていません。