ケーブルペンギンって凄っ!

こんにちは、pansのいぬかいです。

ケーブルペンギン程使い方1つでいろいろなシーンやメディアの大きさに対応できる

什器はあまりないでしょう! メーカーの立場である私たちでさえ、まだまだ

いろいろな応用が出来るのだろうと思っています。 今日はそのケーブルペンギンの

使い方応用編を写真でお伝え致します。

1:オリジナル什器でケーブルカタログペンギン

パーツリストにはカタログペンギン用のカタログラック、というパーツがありますが

軽い展示物でしたらこの写真のように、アクリル棚をオリジナルで作ってしまって

パネルと一緒に展示することができます。体温計展示の例です。

01CustomCable

02CustomCable

2:大きなパネルを自立して展示させたい

壁面があればそこにパネルを貼るとかチェーンで吊る、という方法を取ることが

多いと思いますが、自立させたいときにはどうすればよいのでしょう?

写真は自社展示出展の時の写真ですが、「ケーブルペンギンを2台並べるだけ」で

可能です。この写真のスチレンボードのサイズはw1800 x h900mmの大判です。

2台のケーブルペンギンに専用金具で吊るだけで、このようにテーブル後ろに置くことが

可能になります。高さも現場で自由に調整できますから応用が効きますね。

下の写真は、このような大判パネルを上下2枚に取付けたときの実例です。

インパクトのある写真展示・パネル展示をする場合には参考にしてみて下さい。

doubleCableP

Jointcable

3:四角じゃなくても取り付けできる?!

ケーブルペンギンのリジット金具は厚さ1cmまでのハードパネルを挟むことが

できます。 それが4カ所ケーブルにきちんとはまればいいのですから、

下記写真の用に円形パネルも取り付け可能。 円形でなくてもハート型でも

菱形でも、要するに4カ所・4点で留まれば形はなんでもいいのです。

cable-round

ケーブルペンギンって改めてすごいなあ!!

ケーブルペンギンの詳細は下記のウェブサイトからご確認下さいネ。

http://www.penguin.ad/content/products/cable/cable.html

コメントを残す

CAPTCHA