サイドライトでブース造作パート1

こんにちはpansのいぬかいです。ヨーロッパからの最新情報を写真主体でお伝えします。今回はISOframeFabricマルチフレーム(MF) サイドライト(SL)で、「何もないコンクリート会場にブースを設営」した実例です。

このMILSINGという会社は東ヨーロッパ中心にサプリメント販売他をしている会社みたいです。今回クロアチアでのイベント向けに制作されましたが、今後は様々な場所で使われる事でしょう。

最初に全体像を頭に入れて頂く為、完成写真、ブースの平面図(5x7m)、ストックルームに使ったISOframeFabricのサイズを公開します。

MILSINGbooth

5x7_FloorPlan

Stockroom

基本寸法は高さがH247cmで、左右の上部に載せているヘッダーはH=100cmです。では定点カメラスタート!

001_April 002_April 003_April

ストックスペースのISOframeFabricのフレームまで完成。その左右に来るサイドライトを立てて、ISOframeFabricとネジで固定しておきます。(安定するため)

004_April 005_April 006_April 007_April 008_April 009_April

別途カスタムで制作したガラス棚付きユニットを取付け、右側の5面サイドライトは完成です。上部にH=100cmのヘッダーサインも固定完了。ファブリックもはめ込みながら、点灯テストをします。

010_April 011_April

ここまでで、ひとまず全てのフレーム取付けが完成しライトアップの確認も出来た為。、あとはファブリックをフレームにはめ込んで行く作業です。続きはパート2でご案内します。

コメントは受け付けていません。